福岡グルメ お取り寄せ 『からし明太子』



福岡のグルメというと、何を思い浮かべますか?

まず最初に『福岡』で思い浮かべるのは
【博多明太子(芥子(からし)明太子)】でしょうね。





日本全国で手軽に手に入るようになった明太子ですが
本場福岡の老舗の明太子は一味違います。

創業者が『明太子』の名称をつけた「ふくや」や「むかい」など
福岡には明太子の老舗があります。


「ふくや」は、日本で初めて芥子明太子を製造し販売したお店です。

明太子が作られたのは「ふくや」創業の翌年でした。

しかし、創業者が納得のいく味が完成するまでには
実に10年の歳月がかかっています。


人の目で丁寧に選び抜かれた明太子は、創業以来の
「素材を大切にする」という心を今も受け継いでいます。

「芥子明太子は高級食材ではなく食卓で気軽に食べられるものである」
という創業者の考えから、低価格でお取り寄せができます。

税込み1050円です。



つづいて、お菓子を1品ご紹介します。

【ひよ子本舗吉野堂名菓ひよ子】です。




東京にもひよ子のお菓子はありますが、福岡が本家本元なのです。

「大人にも子供にも愛されるお菓子を作りたい」という
当時の店主である石坂茂氏の想いから生まれた【ひよ子】は
今も変わらず彼の思いを受け継いで、愛されています。

原料にも、とことんこだわっています。

黄味餡の素となる白雪餡には、大きさや味を厳選した手芒豆のみを
使用しています。

ひよ子の皮に使われる小麦粉には、九州で生産されたものを使用し
ひよ子専用粉として製粉しています。

独自の割合で混合、熟成し、使用しているのです。

大正以来変わらぬ味と形で、今も多くの人に愛され続けている
銘菓です。



ひよこの形のかわいいサブレ【ひよ子サブレー】も人気です。  





もっと知りたい→グルメブログランキング



タグ:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。